先見の明

月1の更新が定着してしまいました。

今週は急遽、虐待相談の会議が行われました。医療や弁護士も入った、当然ながらシビアな内容となりました。ちょうど、職場の健康診断と重なり・・・もちろん健康診断はパスしましたが・・・個人的に受けるように言われていますが、今のところ予定が立ちません(苦笑)。

昨日はモニタリングで一人暮らしの車椅子の男性のお宅へ。風邪をひいたり、トイレの水漏れがあったり、自転車に乗った小学生と接触したりと、最近踏んだり蹴ったりだとこぼしていました。何事もなかったものの、スマホを見ながら自転車で近付いてくる人にも冷や冷やしたとか・・・皆さん、「ながらスマホ」は止めましょう。

この日の午前中は基幹センター内のミーティングだったのですが、今年度の事業者連絡会の企画を話題にする中で、前述の会議に同席された弁護士さんのことに・・・実はこの方、4年ほど前の事業者連絡会に講師としてお招きしていまして。当時の企画はYさんの起案で、差別解消法の学習に誰を講師に呼ぼうかという中で、「これからお世話になりそうな若手の弁護士さんにしましょう」とこれもYさんから。そういう観点でお招きした弁護士さんに、シビアなケースでお世話になった次第で、先見の明に感服しました。

何事も、「意図」は大切ですね。

和太鼓披露

IMG_723116日の土曜日の午後から日進市内の社会福祉法人あじさいの会が主催するあじさいコンサートに参加してきました。今回が23回目のコンサートで、毎年お声を掛けていただき、参加させてもらっています。今回は、市内の4法人のステージ企画があり、レジデンス日進は、毎月第2金曜日に活動している和太鼓を披露させていただきました。

 

陶芸電気窯

IMG_3236

天白ワークスに陶芸用の電気窯が来ました。

来たといってもメイトウワークスから移動しただけですが。

今後の活躍が楽しみ。

後援会総会の様子

IMG_7194小島さんが本日開催された名東福祉会後援会総会の内容について書いてくださっていますので、私からは写真を掲載して雰囲気をお伝えしたいと思います。

会長、役員の皆様から29年度の事業報告、会計報告、30年度の事業計画、予算の説明がありましたが、その内容からは、後援会活動の積極的な取り組み姿勢が感じられました。今回は評議員会で毎回委員長を引き受けてくださっている加藤久和さんが来賓として出席されました。名東福祉会の後援会に評議員さんが出席されるのは初めてのことのような気がします。事業計画にはコンサートの予定もある様ですので、どんなジャンルの音楽を聴かせていただけるのかが楽しみです。

IMG_7201

総会のあとは、屋上ガーデンでティータイムでした。5月の中旬までくらいはバラがきれいに咲いていたで、少し残念でしたが、コーヒーや紅茶にお菓子で、話には花が咲いていました。

役員の皆様には、会場のセッティングや、ティータイムの準備等、今日は朝から本当にご苦労様でした。

法人後援会

今日の午前中、当法人の後援会総会に参加しました。滞りなく議事が進行され、後半では理事長・評議員会委員長からのお話、また各事業所管理者からの近況報告、そして・・・私目が制度改正を踏まえたお話をさせていただきました。

先に話される方々にハードルを上げられた(?)ような格好でしたが、50分程でこれまでの制度の変遷や今回の改正のポイント、今後の障害者福祉は・・・また社会福祉法人の役割は・・・と話をしました。

今日も何度も触れたことですが、制度の話をご家族にするのはなかなか難しいものです。支援者ほど詳細を知る必要はないですし、詳細を語ると全体が見えづらくなります。利用者目線で言えば、自分に関係するところだけ知りたいというのが本音でしょうから、興味にも幅がある訳です。一応、それらを踏まえてお話ししたつもりですが、結果は参加された皆さんに委ねたいと思います。

ただ、そういう意味では、先に「ハードルを上げられた」と書きましたが、それによって話すべきこと、聞きたいことを絞っていただいたようにも思い、感謝しておりますm(__)m

全体進行の方から何度も、「人づくりが重要だ」と繰り返されていました。もちろんそれには手間暇がかかるのですが、とりあえず、法人関係者全員が「人づくりが重要だ」と考えてみることはすぐにできるはずで、それが一番即効性のある第一歩を生み出しそうな気がします。

あ、誕生日のクオカードも楽しみにしています!

フットベース交流会

IMG_3041 IMG_3024 IMG_3035

恒例となりつつある天白区の事業所が集まるフットベース交流会。今回はグループハイクに忙しい本館お方たちの代わりに、別館の方達が参加してきました。

グループハイク

IMG_2983 IMG_2846

 

 

IMG_2982 IMG_2951

5月15日、17日にグループハイクの第一陣が名古屋港水族館へ行ってきました。

1班は水族館というよりは、八百彦のステーキ御膳がメインだったような・・・

バラの開花状況

IMG_7166IMG_7150 レジデンス日進屋上は、いろんな花が咲いてとてもきれいです。バラが咲き始めました。気温が高く暑い日もありますが、風は爽やかです。IMG_7149

はるまつり

IMG_7109 IMG_7138はるまつり(通称たけのこまつり)が4月28日におこなわれました。たけのこ掘りをメインにしたイベントで10年以上続いています。午前中にたけのこ掘りをしてお昼はバーベュー。午後からは職員の自己紹介を兼ねた家族会との懇親会。企画を絞って、ひとつひとつに時間をかけてゆったりと楽しめるよう工夫がされていました。竹林で採れたたけのこが焼きそばの中に入っていたり、鉄板の上で焼かれていたりと「通称たけのこまつり」の雰囲気が感じられました。

「みのりの里」へ

今日は午後から「みのりの里」さんへ。社会福祉法人いわくら福祉会が運営する生活介護事業所で、後援会「みのりの会」の総会後の講演にお招きいただきました。要は地元でもあり・・・来賓の市長さん、その他公職者の方々を前に、一市民でもあるというこれまでにない立場を味わいました。あまり詳しくは書きづらいですが、共通の知り合いや旧知の関係を駆使して懐に飛び込んだ面も・・・

平成14年度に社会福祉法人化した比較的若い法人で、次年度の新規事業に向けて、職員さんも後援会さんも盛り上がっている中、お招きいただいて光栄でした。熱心にお聞きいただき、ご質問もいくつもいただいて、何とか役割が果たせたのかと安堵しました。若い職員さんに、これから障害福祉に関わる上で、何が大切になるかという趣旨のご質問もいただきました。文言の詳細までは覚えていないのですが、要は、真っ当な意味で、法人・事業所・支援者はどのように生き残っていくべきかを問われたと解釈しました。何かいろいろ答えましたが、こういう方がいるうちは大丈夫だと、こちらも嬉しくなりました。

ちなみに今回の講演のタイトルは「障害のある方々の地域生活はどう変わるか」・・・あれ?来月にも・・・肝心の名東福祉会後援会総会でも頑張ります!

景色が変わりました

さて、2つの写真に違いがあります。どこだかわかりますか。トラックと青い車ではありません。

 

 

木を伐採しました。もう少し早ければ、小学校の桜がよく見えたはずなのに・・・・

IMG_2771 IMG_2773

加齢のメリット?

今日、カミさんと映画に行きました。配偶者が50歳以上だと、夫婦だと二人とも1,100円で観れるそうで・・・「THE GREATEST SHOWMAN」・・・結構面白かったですが、結局、カミさんがヒュー・ジャックマンを観たかっただけではないかとも思いつつ・・・(苦笑)

昔は齢を重ねてのメリットというと、敬老的な意味合いが強かった気がしますが、今は子育てをほぼ終えて、少し時間のできた中高年にいかに消費を促すかという側面を感じます。ただ一方で、中高年側もそれをいかに活用して人生を楽しむかと考えているように思うので、ある意味、健全なのですかね。ちなみに映画に関しては、携帯会社による値引きとかレディースデイとかいろいろあり、「50歳の権利」を取得してから約8か月での権利行使(?)となりました。消費社会だなあとつくづく感じます。

世の動きを実感することも大切だなあとも思っています。

屋上がきれいです

IMG_7101どうしても目の前の桜が気になっていましたが、昨日、リラの会の方から屋上の様子を伝えていただいたので、早速、今日の午前中に屋上に上がってみました。『進化する屋上庭園』という言葉を使ったことがあるかと思いますが、年々、整備されて本当にきれいになっていきます。今日もリラの会の方が1名いらっしゃっていましたが、春の花が咲いているぽかぽか陽気の中、少し立ち話をさせていただき、心地良い時間を過ごすことができました。近くばかりを気にしていないで、上も見なければ・・・

新年度

気が付いたら、すでに年度が変わり、数日過ぎていました・・・

何故か今回は早めの、基幹センターの委託料精算を昨日済ませ、ちょっと落ち着きました。

それにしても連日暑いくらいです。いつまでこの晴天は続くのでしょうか。今年は殊の外、花粉症がひどくて、マスクを外せない分、余計に暑さが気になります。

桜もあっと言う間に終わってしまったような。在住地には桜の名所として有名な川が流れており、屋台で賑わうエリアは大変な人混みですが、そこを外れると静かなものです。週末にマスクをしたまま、桜並木の下を走ったのですが、どこかのグループホームか有料老人ホームか、お年寄りのグループがスタッフと思しき人たちと散歩をしていました。

「走っているところすみません」と声をかけられ、桜を背景に写真を撮ることになったのですが、走っている人間を捕まえたスタッフさんを褒めるべきか、声をかけられる私のスピードに問題があるのか・・・(苦笑)

桜の下でお弁当

IMG_7093今日は、レジデンス日進、上ノ山作業棟のお花見でした。レジデンス日進前の頑張って残ってくれていた桜を見ながら、ご近所の喫茶店「あぜりあ」さんに特別に作ってもらったお花見弁当をいただきました。

今年は1週間前の3月28日が満開でした。

IMG_7078

天白ワークス交流会

本日は利用者、ボランティアさん、職員の交流会を行ういました。会場はサンプラザシーズンズ。コース料理をゆっくり美味しく頂いてきました。ここ数年はアクティブな交流会の機会が多かったのですが、今回は大人な雰囲気を堪能してきました。それはそうと、サンプラザは名東福祉会の何十周年(記憶が曖昧で・・・)のパーティーで訪れたことも有りましたので、感慨深いというか縁を感じるというか。さて、来年はどんな交流会になるのでしょうか。

名東福祉会合同家族会研修会

本日、名古屋市成年後見あんしんセンターの高橋健輔氏を講師にお招きして、「成年後見の活用のしかた~我が家の今後を考える~」をテーマに家族会向けのお話をしていただきました。

昨年に続けての成年後見に関する研修会でしたし、今回はとてもわかりやすく説明していただけたので、参加された皆さんの理解度も相当に上がったのではないかと思います。お話の中で時々登場するクイズにちょっと癒されたりしながら、あっという間の1時間半でした。高橋先生、貴重なお話ありがとうございました。成年後見を活用するかどうか、また、いつ始めるのかといった判断は、それぞれの家族の状況にも左右されますので、決して簡単ではありませんが、家族も、支援者も、本人にとって必要な制度であることを意識して、継続的に勉強していく必要があると感じました。

少し話がズレますが、先日、尾張東部成年後見センターの後見人養成研修に呼んでいただく機会がありました。70時間近い講義や実務を受けなければならない研修に25名の方が参加されていました。成年後見に高い関心を持ち、多くの方が勉強されていることに驚かされました。

今回の研修会は、当法人の各事業所の家族会役員さんで構成されている合同家族会が、研修目的の設定、講師依頼、会場予約、当日の会場設営まで、すべて準備してくださって、毎年開催されています。役員の皆さん、今日は有意義な研修会を用意していただきありがとうございました。

 

事務局会議にて

昨日午前中は、名東区協議会の事務局会議。タイミング的に、報酬改定に関する情報共有と、北区の事件について、名東区でも起こり得るという前提での意見交換を行いました。

報酬改定については、放デイの、子どもの状況に応じた評価だとか、就労継続の工賃額に応じた報酬設定が話題に。同行援護についても、身体介護の有無が一本化されて、事実上、厳しい状況になるのではという意見が。また相談支援についてはやはり、モニタリング頻度や月当たりの件数上限のことに発言が集中。この場ではポイントの確認に留め、来月にある集団指導でしっかり聞いて、また共有しましょうということになりました。

北区の事件については、名東区内の気になるケースにどのように関わっているか、受け入れ側の立場はどうかという視点に加え、子どもの頃から放デイ利用が浸透し、自宅に居場所のない子が増えており、子どもと一緒に過ごせない親も増えているのでは・・・という投げかけも。障害福祉サービスが抱える様々な課題が浮き彫りになる気がしました。市の会議にも報告し、再発防止の動きにつなげたいと思います。

 

 

窯出し

メイトウワークスと合同で注文いただいた、シルバー人材センター様からのマグネットの制作のため、ここのところ毎週釜炊きです。一緒に焼くものも、干支から節分、ひな祭りと変わってきています。IMG_2401 IMG_2400

雑感

来年度からの報酬改定の内容が示され、新たな制度施策の輪郭も見えてきました。重度化・高齢化への対応、医療的ケア児への対応、地域移行、就労関係などが柱と言えるでしょうか。相談支援の関係もいろいろと・・・

こういうタイミングだからかもしれませんが、別件に関するやりとりのついでに、「主任相談支援専門員」に関する質問をときどき受けるのですが・・・よく分かりません。

障害福祉は今後どうなっていくのか?というかなりスケールの大きな問いかけも受けますが・・・よく分かりません。

悪しからず・・・

「社会福祉士の実習などを受けていると、直接支援でなくて、相談支援業務に就きたいという声をよく聞く」とも言われますが、直接支援のバックボーンって必要な気がしますし、私など、送迎のお母さん方との立ち話なんかが自身の相談業務のスタートだと考えていますから、学校出て、資格とって、相談支援に従事・・・ってちょっとイメージが湧きませんね。ただ一方で、介護保険のケアマネさんは、必ずしもヘルパーやデイサービス勤務を経ている訳ではなさそうですね。あっちは試験もあるし、単純に比べられませんが、そうは言いながらも思い付いている時点で比較している訳でもあり・・・

障害福祉が今後どうなっていくのか・・・私も誰かに聞いてみたいと思います(苦笑)

改めて、北区の事件について

年度末が近づいていると言えばそれまでですが、何だか最近、慌ただしいです。行政関係の会議は元より、進路や進学に関する支援会議等・・・さらに、恒例となった(?)3年に1回の認定調査の更新当たり年・・・でも、委託をいただいている事業所としては当たり前ですね。

今日は名古屋市基幹Cの東ブロックの会議。中・昭和・千種・名東の4区の集まりです。名古屋市全体の相談支援関連の研修や精神障害者の地域移行に関する今後の動きなど、幅広の話題がそろいます。そんな中、このブログを一読していただいた方から、「北区の事件は各協議会でどのように取り上げられているのか」という投げかけがありました。

一つには、名古屋市内で障害福祉に関わる方にブログの反応をいただけたことを嬉しく思いました。もう一つには、市全体での検証に関して、今後につながるアイデアをいただきました。

名東区は名東区で、自分たちなりに今回の事件の再発防止を探っていくつもりですが、これだけの事件ですから、名古屋市全体での検証につなげていきたいと考えています

 

MSWとの連携

今日は、愛知県医療ソーシャルワーカー協会東ブロックにお招きいただき、「障害福祉サービスの活用とMSWとの連携」というタイトルでお話させていただきました。愛知県がんセンターという立派な会場に、19時開始に間に合うように地下鉄を乗り継ぎ・・・暗くなってから自由が丘の駅を出ると、道路が歪に交差していて、恥ずかしながら、ちょっと迷いました。

家庭基盤が弱い、知的障害と発達障害のあるケースを通じてかれこれ5年くらい(もっと?)お付き合いのあるワーカーさんを通じていただいた機会です。準備をしながら、これまで関わった他の関連ケースも思い出し、医療との連携の重要さを再認識しました。事前に多くのご質問もいただいていまして、半分は話の中で、半分は話し終わってからお答えし、さらに追加のご質問もいくつかいただきました。ありがとうございました。

終了後は名刺交換。「小島さん、何歳?」と男性ワーカーに唐突に聞かれ、素直に(?)お答えすると、「やっぱり同い年だ」とおっしゃる方・・・妙に嬉しく思いました。制度変遷の話の中で、「私が就職した頃は・・・」なんて話をするからですが。出身大学まで聞かれて、やはり素直に答えると、離れた場所から今度は女性ワーカーが、「私、後輩です」と。共通の知り合いや先生の話になり、そう言えば後輩はワーカーが多かったなあと改めて思い・・・気が付けば21時・・・

他領域の方々にお話しすると、障害福祉特有の制度設計に気が付きますし、その役割も再認識できます。また、障害福祉も相談支援もどちらかというと少数派ですが、だからこそ余計に、他領域の専門職に引けをとってはならない、肩を並べていなければならないという気にもなります。

刺激をいただいた週末となりました。

 

今日の支援会議

今日は午後の遅い時間から、とあるご家族の支援会議。手帳を持っているお子さんが何人もいて、ご両親も養育がままならないという世帯です。私は関わり始めて数年になるのでしょうか。最初は、児童相談所からの依頼で、担当相談員と待ち合わせて訪問したのですが、なかなかお母さんが会ってくれず、お話ができるまで半年かかったことも、今となってはなつかしい位です。

お子さんそれぞれの学校関係者も参加するので、区役所の小さめの会議室がギッシリになる20名以上の集まりです。区民生子ども課の進行で、近況の共有・課題の検討が進みます。2時間経って、「明日から」の役割分担を確認して散会です。

お子さんに手厚い支援が必要なケース、加えて、ご家族の養育力にも支えが必要なケースは増えている印象です。ただ、今日の会議で改めて思ったのですが、子どもの頃は学校、名古屋では子ども応援委員会、モチベーションの高い放課後等デイに児相、民生子ども課・・・と応援団が集まりやすいです。そんな中で相談支援は、「今」の障害福祉サービスの調整に留まらず、大人になったらという視点も含めて、本人・家族の支援をイメージする役割なのだなあと。まして基幹相談支援センターは、それを個別のケースに留めず、地域全体の課題として捉えなければいけません。

このご家庭のことで言うと、上のお子さんは特別支援学校高等部を卒業して、4月から成人サービスへと移行します。一番下のお子さんは進学しますので、明日の名東区の卒業を祝う会に参加するはずです。ライフステージの移行を迎えて、いろいろと関わらせていただきますし、明日は私はスーツで文化小劇場にお祝いに伺います。

ちなみに会議が終わって失礼しようとコートに袖を通す・・・間もなく、応援委員会さんから新規のご相談をいただきました(^-^;

あと、今晩は「スーパーブルーブラッドムーン」!何でも35年ぶりの天体ショーとなるようです。先程、雲の切れ間から「赤く怪しい」月が見えましたが、間もなく隠れてしまいました(>_<)