はるまつりの中止

レジデンス日進・上ノ山ホームでは毎年4月の第4土曜日に「はるまつり」をおこなっています。通称たけのこまつりと呼ばれていて「タケノコ掘り」から始まったイベントです。昨年、タケノコ掘りの竹林が駐車場になってしまい、今年はタケノコ掘り抜きのイベントになるはずでした。それどころか新型コロナウイルスの影響で中止を選択せざるを得なくなってしまいました。多くの利用者が楽しみにされているイベントです。何もないのは寂し過ぎるということで、おまつり担当職員の皆さんが、お弁当とケーキを提案してくれました。みんなで集まってという訳にもいきませんので、各ユニット・ホームごとにはなりましたが、いつもの週末とはちょっと違っていて良かったのではないでしょうか。

IMG_1024

恒例のお花見

昨日、レジデンス日進では桜の木の下でお花見弁当をいただきました。新型コロナウイルスの感染が著しく、イベントの延期や中止されていますが、屋外でお弁当を食べるのであれば、「密閉空間・密集場所・密接場面」には該当しないということで実施しました。今年は桜の開花が早く、4月に入った頃には散ってしまうと思っていたのですが、3月の終わりに寒い日が続きましたので、ちょうど満開といった感じでした。準備万端だったのですが、あまりにも風が強く、お弁当が飛んでしまうというハプニングもあり、ちょっと残念でしたが、急いで食堂に戻って食べることになりました。

IMG_1010IMG_1011

お弁当はいつもどおりご近所の喫茶店「あぜりあ」さん手作りのお花見弁当でした。いつも美味しいお弁当をありがとうございました。

手づくりマスク

先日の家族会役員会で「マスクや消毒液が手に入らなくて困っています」というお話をさせていただきました。すると終日後に役員さんたちが手分けして作ってくださった職員の人数分50枚のマスクが届きました。これで在庫のマスクの節約ができます。困りごとを話すとすぐに対応してくださる家族会は本当に心強いです。ありがとうございました。ランダムに配布してもらいましたが、いろんな柄があったので、職員の好みがあったかも...

IMG_1008

 

節分(豆まき)

昨日は節分、レジデンス日進でも豆まきをしました。レジデンス流の豆まきは小袋に入った豆をそのまま投げるスタイルです。このやり方は、豆があちこちに散らばることもありませんし、後で食べる時も袋から取り出すだけで食べやすいです。

今回も職員が鬼に扮して登場してくれました。利用者の皆さんが「鬼は外」の声で鬼を退散させました。レジデンス日進に「福」がやってくるといいのですが・・・ レジデンス日進では季節感のあるイベントを大切にしています。

IMG_0992

日中活動における「自立課題」の導入について

レジデンス日進が日中活動に「自立課題」を取り入れ、なんとか半年継続することができました。導入の経過を含め、これまでの流れを少しまとめてみたいと思います。
名東福祉会にはメイトウ・ワークス、天白ワークス、はまなすの日中活動事業所があります。レジデンス日進の日中活動についても、3事業所同様に、方向性のはっきりした活動を提供したいという思いはありました。ただ、入所施設の大きな役割が生活支援であることから、夜間支援の充実が先行される課題であり、職員の体制上の影響などから、季節感のあるイベントや月1回の和太鼓・音楽療法、週1回の創作活動は積極的に企画されていましたが、日常的にはやりとりの手段としての位置付けで下請け作業の提供が続いていました(「工賃」を意識できる人には安定的に下請け作業の提供をおこない、毎月の工賃をお支払いしています)。
レジデンス日進の約半数の利用者が自閉症ということもあり、常に不適切な行動への対応に追われ、悩み続けています。このような状況の中で、昨年、職員から新たな試みとして日中活動に「自立課題」を取り入れてはどうかとの提案がありました。この提案をきっかけにレジデンス日進の日中活動を大きく見直すこととなります。
「自立課題」に関しては、これまで実施した経験がなく、書籍、研修、実施されている事業所等を参考に、手探りの状態ではありましたが、約半年間の準備期間を経て、昨年の8月中旬から自閉症の人に特化した日中活動をスタートさせました。活動場所については、レジデンス日進本体に比べ刺激の少ない環境(レジデンス日進から少し離れた上ノ山作業棟)を用意しました。
また、「自立課題」が自閉症の人のみに有効なプログラムではないことから、レジデンス日進本体のデイサービス2Fでは、上ノ山作業棟と同様に課題を複数用意しています。実際には、「物が並べられる」「物を積める」「引っ張ることができる」といった利用者のできることを意識して作成されています。
上ノ山作業棟では、ひとりひとりが継続しておこなうことのできる課題を個別に用意します。デイサービス2Fでは、課題を職員が選んで提示するのではなく、利用者自身が主体的に選ぶことに期待し、その都度好きな課題を選んで活動してもらうスタイルになっています。
現時点では、課題が準備でき、大まかな動きが確定したところですが、今後、この「自立課題」がどのように発展し、利用者の満足に結びついていくのかは、私たちにとってむずかしくもあり、楽しみな課題でもあります。

現場での実践については、次号のWORKSで紹介したいと思います。

クリスマス会

IMG_0923昨日はレジデンス日進のクリスマス会でした。毎年続けている季節を感じるイベントです。今回のメインは、日進のにぎわい交流館に登録されているボランティアの「アンサンブルフォーレ(サックス)さん」でした。アンコールも含め10曲を演奏していただきました。利用者の知っている、聴いたことのある選曲でしたので、曲に合わせて鈴を鳴らしたり、歌ったりと楽しむことができました。

IMG_0929

クリスマス会で必ず登場しなければならないのがサンタさんです。今年も4名の家族会サンタさんがプレゼントを持ってイベントを盛り上げてくれました。今回はお父さんサンタ(1名)がサプライズ登場でした。

IMG_0953

最後は「竹の山のDelice Apricoさん」に注文した美味しい“いちごのショートケーキ”を食べて終了となりました。Apricoさんにはクリスマスの忙しいときに快く注文を受けていただきありがとうございました。

ボランティアさんや家族の方にもご協力いただき、利用者が期待していたイベントになったかと思います。クリスマス会担当職員の皆さんもご苦労様でした。

 

 

 

イルミネーション

今日はクリスマスイブ...レジデンス日進ではイルミネーションがクリスマスの雰囲気を盛り上げてくれています。先月の終わりに家族会の方々が準備してくださいました。毎年、このイルミネーションに明かりが点くと利用者のクリスマスイベントへの気持ちが高まってきます。

IMG_0886IMG_0883

レジデンス日進のクリスマス会は明日です。

日進市障害者団体連絡会クリスマス会

日進市障害者団体連絡会からご連絡をいただき、12名の利用者がクリスマス会に参加してきました。300円の会費を払って100円のお買い物券3枚をもらい、日進市内の各事業所が依頼を受けて用意してきた100円の製品をお買い物券で購入するという画期的なシステムでお買い物を楽しむことができました。各事業所とも販売に職員が出てきていますが、単純に参加者に製品を買っていただくだけでなく、ちょっとした事業所間交流にもつながっています。ゲストとしてマジカルパフォーマンスと和太鼓の演奏がありましたが、特に和太鼓のゲスト「ほほえみの会」は、日頃お世話になっている國島先生が指導されている団体でした。國島先生がいらっしゃるという安心感もあり、利用者の何人かは演奏に参加させていただきました。

参加するたびに思うのですが、障害者団体連絡会の役員さん、ボランティアさんが中心となって企画、実施されているこのイベントからは、手作りの良さが感じられ、ほのぼのとした雰囲気が伝わってきます。

IMG_0905

 

 

レジデンス日進・上ノ山ホーム家族会

12月7日の土曜日は、レジデンス日進・上ノ山ホームの家族会がありました。施設、掃除、後援会活動、日進市民まつり、レジデンスまつり、クリスマス会、新年会等が主な報告・連絡事項でしたが、11月23日におこなわれたレジデンスまつりについては高評価をいただきました。特にあきまつりは地域の方をお誘いしていますので、参加人数も多くにぎやかな雰囲気です。野方神楽お囃子保存会の皆様にも毎年来ていただき、太鼓を叩かせてもらってもいます。ゲームやお買い物コーナー、利用者の好きな食べ物も用意し、少しでも利用者が楽しめるよう企画に工夫を凝らしています。ただ、どんなに頑張っても人が大勢集まったザワザワした雰囲気が苦手なためにほとんどおまつりに参加できない利用者もいます。おまつりは準備段階から家族会の方にもお手伝いしていただいています。家族も高齢化してきていますので、お手伝いが負担になっている場合もあります。そろそろ事業所でおまつりを企画するのではなく、地域の社会資源を活用してはという意見もあります。確かに市民まつりや夏まつり、他法人さんのおまつりもあります。障害特性を踏まえた個別支援という意味ではおまつり参加が得意な利用者が出かけていくというスタイルはありだと思います。そうは言ってもイベントを実施する意味はあると考えています。利用者に楽しんでもらうために家族会と職員が協力することで得られる達成感はとても心地よいものです。また、イベントは職員を成長させます。通常と違う慣れない環境の中では、利用者はいつもと違う行動をします。その行動に合わせて職員は動き、さらに楽しんでもらうことは相当に大変なことです。その大変さが職員をレベルアップさせます。外に出ていくことに積極的であるべきだと思いますが、事業所でイベントをおこなう際には、イベントが苦手な利用者に当たり前のように参加を求めるのではなく、配慮や考慮をし、少しでも落ち着いて過ごせる場所を用意することが大事なのではないかと思っています。

家族会では、私自身が利用者が参加できるイベントを企画することが好きであること、これからも続けていきたいが、イベントが苦手なタイプの人もいるんだということをお話をさせてもらいました。

小春日和のあきまつり

今日はレジデンス日進・上ノ山ホームのあきまつりでした。今年も野方神楽囃子保存会が来てくださいました。午後から地元の神明社での行事があり、お忙しいにもかかわらず、今年も野方神楽囃子保存会の皆様が来てくださいました。レジデンス日進は野方区にあります。毎年、地元の方におまつりを盛り上げていただけてありがたいです。

IMG_0830

今回は、スタンプラリーから始まり、バザー、神楽囃子、運動会(玉入れ、みんなでボール運び、お菓子食い競争)、昼食、お神輿というスケジュールでした。利用者向けのバザーは新企画でしたが、想像以上に品物を選ぶことができることがわかりました。新たな発見で楽しかったです。昼食は、「おにぎりから揚げセット」のお弁当に、お父さんたちが頑張ってくださったお好み焼きやフランクフルトがありました。

あきまつりのラストは「集合写真」です。お神輿を担いで三ッ池公園を練り歩いたあとになんとか集まって1枚撮るのですが、年々少しずつ集まりがコンパクトになってきているような気がします。

IMG_0880

毎年、家族会から寒さ対策の要望があり、今回はすべて屋内企画としたのですが、昨日までがウソのようなポカポカ陽気に恵まれ、事故や怪我もなくおまつりを楽しむことができました。地域の皆様、家族会の皆様にはご協力感謝いたします。職員も頑張ってくれました。ご苦労様でした。

おまつり準備してもらってます

明日はレジデンス日進・上ノ山ホームのおまつりです。今日は朝から家族会の方々が豚汁の仕込みをしてくださっています。「いつまでも家族会に頼っているのではなく、いい加減に親から離れて施設として自立しなくては・・・」と思ったりもするのですが、まだまだ家族と施設が力を出し合う一体感という魅力には勝てません。皆さん、寒い中ご苦労様です。

IMG_0818

ミシガン船に乗船しました

昨日(10月9日)、後半組のバスハイクに出かけました。今年度は「乗り物」がキーワードで、前半組は大井川鉄道のSL、今回は琵琶湖汽船のミシガン船に乗りました。前回同様にお天気は最高で、船上からは360度の大パノラマを船上デッキから満喫するちょっとお洒落な60分でした。柳が崎湖畔公園港で降り、琵琶湖大津館で食事をしました。こちらもお洒落にフレンチランチコース。すべて洋食器でしたので、落としたり、投げたりして割ってしまうのでは・・・と心配もしましたが、皆さん卒なくクリアされていました。次にラ・コリーナ近江八幡に寄りましたが、ここもまた小洒落たお店で、人も多かったこともあり、利用者の皆さんは落ち着かなかったかもしれません。

IMG_0770IMG_1251

キーワードは「乗り物」でしたが、結果的に今回の企画は「お洒落」がポイントだったようです。観光バスでの移動、ちょっとハードルを上げた企画でしたが、新たな体験をしていただけて良かったのではないかと思います。もしかすると家族会の日帰り旅行にそのまま使っていただいても充分にご満足いただける企画内容でもある気がしました。

國島先生をお招きして

レジデンス日進・上ノ山ホーム家族会では、先週の土曜日(5日)に國島先生にお越しいただき、「ことばの少ない方とのお付き合いの仕方」と題してご講演いただきました。利用者は和太鼓を教えてくださる先生としてよく知っているのですが、家族会の皆さんはこれまでにお話を聴く機会はなかったように思います。

IMG_0762

國島先生は言語聴覚士として「ことばの相談室ホワイトベル」を開かれていて、障害のあるお子さんから大人の方まで幅広く関わってみえます。具体的な接し方のお話が多かったので、家族会の皆さんはとても参考になったのではないではないでしょうか。私も勉強になりました。レジデンス日進での和太鼓の様子も話していただけて、あっという間の2時間でした。

SLに乗ってきました

すでに先週になってしまいますが、レジデンス日進の日中活動でバスハイクに出かけました。2回に分けて行くのですが、25日(水)が1回目のお出かけでした。「大井川鉄道のSLに乗る」ことが最大のテーマで、走る列車の中でお弁当も食べました。初めて蒸気機関車に乗る人がほとんどでしたので、SL特有の大きな音やレトロな雰囲気がちょっと苦手な人もいたと思いますが、お天気も良く、窓から入る風を受けながら、山や川の景色を眺め、貴重な列車の旅でした。

IMG_0740

バスハイク担当職員2名が、バスの中でのレクリエーションを用意してくれていましたので、楽しんでバスに乗っていることができました。本当にご苦労様でした。(次回もお願いします。)あと、今回のお出かけ、は株式会社JTNさんにお願いをしました。添乗員の方にはいろいろとお手伝いいただきありがとうございました。

 

なつまつり(学童との交流)

昨日(8/1)、レジデンス日進の「なつまつり」がありました。屋台や盆踊りといった大きな企画ではなく、畑で3個だけ収穫できたスイカでスイカ割りをしたり、かき氷を作ったり、ゲームをしたりといった利用者と職員だけの小さなイベントです。ただ、敷地内にある学童保育所の子供たちと一緒に楽しむのがこのなつまつりの特徴です。今年も10名の子供たちと指導員さんが来てくださり、数時間という短い時間ではありましたが交流を図ることができたのではないかと思います。

夕方には、いつ雨が降ってきてもおかしくない天候でしたが、なんとか降られずに済み、レジデンス日進と上ノ山ホームの利用者全員が夕食後に花火を楽しみました。

IMG_0697

家族会日帰り旅行

レジデンス日進・上ノ山ホーム家族会の皆さんで、昨日(6月3日)、岐阜県関市に日帰り旅行に行って来ました。刃物の町らしくフェザーミュージアムにを見学し、鰻を食べ、午後からは新長谷寺に寄り、最後は道の駅でお買い物でした。今回はいつもと違うことが3つありました。ひとつはお父さんが2名参加してくださったこと、もうひとつは事業所から私以外に家族会の旅行にデビューさせることができたこと、あとは、いつもは私がバスを運転するのですが、今年は家族会がボランティアの運転手さんをお願いしてくださったおかげでラクをさせてもらったことです。

去年は大雨の中、静岡県にある蓬莱橋を渡っていましたが、今年は暑いくらいの良いお天気に恵まれ、終始おしゃべりに花を咲かせながら、ゆったり、のんびりと旅行を楽しめたように思います。

いつもと違うことがもうひとつありました。今回の旅行の企画を担当してくだったお母さんの頑張りです。下見までして企画を用意、車内ではガイドもしてくださいました。ありがとうございました。

IMG_0567

中京テレビ・ブリヂストンレディースオープン

今年も招待していただき、中京ゴルフクラブ石野コースにゴルフ観戦に行ってきました。昨日から5月としては異例の暑さですが、木陰からのプレー観戦は涼しくて快適でした。まずは練習場で多くの選手が並んで練習しているところをまじかで見学させていただき、そのあと10番ホールの第2打地点でティーショットを打ち終えた選手を迎えて「ナイスショット」と声を掛けたり、拍手をしたり、手を振ったりしました。選手の方々も手を振り返してくださり、観戦の満足度も上がりました。施設に入所している利用者がゴルフ場に足を運ぶ機会はありませんので、毎回、貴重な体験をさせていただいております。IMG_0507

大会関係者の皆様には、駐車場や休憩スペースの確保、ゴルフ場内を移動する際の誘導等、細かなところまでお気遣いいただきありがとうございました。とても楽しく観戦することができました。

 

強風に耐えながら・・・

今日は毎年恒例の「はるまつり」がありました。レジデンス日進・上ノ山ホームの利用者と家族の皆さん、職員が参加してのたけのこ掘りをメインとしたイベントです。歩きチームとマイクロバスチームの2つに分かれ、それぞれ上ノ山の竹林を目指します。現地では少しずつですが、たけのこ掘りを体験していただきました。

IMG_0458

晴れてはいたのですが、台風かと思うほどの強風で、草々にテントは撤収することになりました。屋外でのバーベキューでしたが、火はすぐに消えてしまう、紙皿・紙コップは飛ばされるという厳しい環境の中、ご家族と職員が協力して何とかお肉に野菜、焼きそばを焼き、利用者の皆さんのお腹を満たすことができました。

IMG_0479

食事のあとは、ご家族と職員との「しゃべり場」が設定されていました。「日常の嬉しかったこと・楽しかったこと」を一人ずつ話していくのですが、日頃は家族と職員が話をする機会も限られていますので、良い交流の場となったと思います。

IMG_0488

難しい条件の中でも、担当職員を中心に、職員全員が協力して、事故や怪我もなく、楽しくおまつりをまとめてくれたことに感謝しています。

和太鼓継続しています

IMG_0443毎月第2金曜日は和太鼓の日です。今日も午前中に國島先生とお囃子の下村さんに来ていただき、太鼓の音を響かせました。考えてみると、利用者と職員が同じ動きをする活動はほとんどないような気がします。一緒にやっているとわからないかもしれませんが、一歩引いて見ていると不思議な感じもします。

今日は満開近し

IMG_04124月2日は肌寒く、とてもお花見という雰囲気ではなかったのですが、今日は気温が20℃を超え、ぽかぽか陽気の中、再度お花見を楽しみました。花を見るだけではちょっとさみしいので、三色団子をいただきながらのんびりと週末の午後のひと時を過ごしました。

レジの桜でお花見

IMG_0403今日は、恒例の「お花見」でした。1ヶ月前には4月2日が満開と予想してお弁当を予約したのですが、最近の寒さのせいか、桜の見頃はまだまだこれからといった感じです。

いつものように桜の花の下でご近所の“喫茶あぜりあ”さんにお願いをしたお花見弁当を広げるつもりでしたが、あまりの寒さに食堂の窓越しに桜を眺めるお花見となりました。

少し残念でしたが、お弁当は今回も春らしくて美味しかったです。

IMG_0408

和太鼓披露

IMG_723116日の土曜日の午後から日進市内の社会福祉法人あじさいの会が主催するあじさいコンサートに参加してきました。今回が23回目のコンサートで、毎年お声を掛けていただき、参加させてもらっています。今回は、市内の4法人のステージ企画があり、レジデンス日進は、毎月第2金曜日に活動している和太鼓を披露させていただきました。

 

はるまつり

IMG_7109 IMG_7138はるまつり(通称たけのこまつり)が4月28日におこなわれました。たけのこ掘りをメインにしたイベントで10年以上続いています。午前中にたけのこ掘りをしてお昼はバーベュー。午後からは職員の自己紹介を兼ねた家族会との懇親会。企画を絞って、ひとつひとつに時間をかけてゆったりと楽しめるよう工夫がされていました。竹林で採れたたけのこが焼きそばの中に入っていたり、鉄板の上で焼かれていたりと「通称たけのこまつり」の雰囲気が感じられました。

桜の下でお弁当

IMG_7093今日は、レジデンス日進、上ノ山作業棟のお花見でした。レジデンス日進前の頑張って残ってくれていた桜を見ながら、ご近所の喫茶店「あぜりあ」さんに特別に作ってもらったお花見弁当をいただきました。

今年は1週間前の3月28日が満開でした。

IMG_7078

日進市障害者団体連絡会クリスマス会

IMG_0012 IMG_0006

10日の日曜日ですが、日進市障害者団体連絡会のクリスマス会に、参加者がお買物券で購入する天白ワークスのクッキーを持っておじゃまさせていただきました。毎年参加させていただいていますが、昨年よりも多くの人が集まって大盛況といった感じでした。

名東福祉会が日頃から利用者の健康面でお世話になっているふくしまファミリー内科の福嶋先生を中心とするドクターズバンドがゲストでいらしていてジャズの演奏がありました。レジデンス日進、上ノ山ホームの利用者も参加させていただきました。

 

 

レジデンスまつり(あきまつり)

IMG_6911  IMG_6860 IMG_6893先週の土曜日にレジデンス日進と上ノ山ホームのあきまつりをおこないました。上ノ山ホームができる前からの毎年の恒例行事ですので「レジデンスまつり」という名称になっていますが、通称『あきまつり』です。

秋のおまつりは地域交流をテーマにもしていますので、第1回目から地元の野方神楽囃子保存会の方々にお越しいただき、太鼓や笛の音でお祭りの雰囲気を盛り上げてもらっています。利用者も参加してくださいということで、いつも太鼓を叩かせていただいています。

ユニゾンズさんやシックスグラブ音楽サークルさんも多くの曲を聴かせてくださいました。

新企画は、家族会男性陣による焼きそば! 朝からエプロン姿で頑張ってくれました。女性陣は前日から豚汁を準備してくれました。歌って踊って、食べて遊んで、最後におみこしを担いでおまつり終了となりました。

地域の皆様、家族会、利用者、職員の力で楽しいイベントになりました。

IMG_6932

バスハイクに行ってきました

レジデンス日進の日中活動のイベントとして9月27日(水)、10月11日(水)にバスハイクに行ってきました。毎年この時季に観光バスでお出掛けするのが恒例となっていますので、梅雨明け頃から「いつ行くの?」「どこ行くの?」「誰が行くの?」という声が上がってきます。皆さん楽しみにされているので、『喜んでもらえそうな場所を探さなければ・・・』と企画担当職員はプレッシャーがかかります。今年は、前半チームが伊賀流忍者博物館、後半チームがブルーメの丘でした。

IMG_6766忍者博物館は、忍者屋敷に上がって「くノ一(女忍者)」から隠し階段、仕掛け戸などの実演と説明を受けたり、忍術の資料や手裏剣の展示を見たりしました。最後に「忍者実演ショー」を見たのですが、忍者が戦う場面は演技といっても真剣さが伝わり迫力がありました。ショーのあとは、手裏剣投げ体験もあり、忍者から受け取った手裏剣を実際に投げることができ、楽しんでいただけたのではと思います。

IMG_6823ブルーメの丘は、『20周年記念メニューBBQ90分食べ放題』があり、皆さん驚くほど食べました。この時点で十分満足だったのかもしれません(職員は汗をかきながらほぼ焼きに専念でした・・・)。10月とは思えないほど気温が高く、暑くて熱中症になるのでは?と少々心配もしましたが、食後は、コスモスやバラの花、、アルパカ、フクロウ、リクガメ、馬、牛、羊などの動物を見たり、ボートや自転車、ゴーカートに乗って楽しみました。

ホームでも流しそうめん

IMG_6677ちょっと間が空いてしまいましたが、レジデンス日進と上ノ山ホームのイベント紹介です。

7月7日の七夕の日にレジデンス日進の敷地にある竹を使って昼食時に流しそうめんをしました。毎年、職員が竹を2つに割って節をくりぬいて作った川にそうめんを流します。レジデンス日進ではすでに恒例の催しとなっていますが、今年は上ノ山ホームの利用者の方が余暇の楽しみとして育てているキュウリやトマトをいただいたこともあり、それぞれの事業所からホームに戻ってくる時間に合わせて上ノ山ホームでも初めての流しそうめんをしました。日頃あまり経験できないことですので、珍しくもあり、皆さんとても喜んでくださいました。(夕食前のお腹が空いた時間でしたので、皆さんいくらでも入るといった感じでした)

レジデンス日進で終了したあと、後片付けをして、今度は軽トラで竹を含めた流しそうめんセットを上ノ山ホームに運んでくださった担当職員の皆さん(まるでイベント屋さんのようでした)ご苦労様でした。

続・ソフトボール大会

すでに天白ワークスからソフトボール大会の結果が報告されていますが、レジデンス日進からも簡単にご報告させていただきます。

天白ワークス・はまなす・レジデンス日進の合同メンバーで臨んでいる大会ですが、今回は新戦力が加わっています。ご本人からの粘り強いアピールによりチーム入りすることになりましたが、戦力になったかどうかは・・・(やる気は前面に出ていたようです)

年に2回ソフトボール大会があるのですが、選手の皆さんはすごく楽しみにされています。ルールがあるという意味では、ちょっとハードルの高いところもありますが、「ボールを投げる」「バットを振る」「走る」という動きのひとつひとつはわかりやすいので、満足感があるのかもしれません。

IMG_0037

 

 

しっかり食べた「はるまつり」

IMG_6585先週の土曜日にレジデンス日進・上ノ山ホームでは、はるまつりがおこなわれました。上ノ山の竹林のたけのこ掘りをする収穫祭のような感じでスタートした「おまつり」ですが、家族会のお力をお借りしながら、徐々にゲームコーナーや模擬店、ミニコンサート等も用意されるようになり、盛り沢山のおまつりに発展してきました。ただ、メニューが増えたことで、少々時間に追われてしまうようなところもありましたので、今年はちょっとシンプルにまとめてみました。

IMG_6605IMG_6613

メインのひとつが昼食で、A・Cユニットは屋上庭園、B・D上ノ山ホーム1・2・3は駐車場に分かれてバーベキューをしました。ひたすら職員が焼く、ご家族の方々が焼く、協力して焼くといったグループごとに特色があり、とても興味深く拝見させていただきました。お肉も野菜も豊富で、おにぎりや焼きそばもあったので、皆さんしっかり食べられたのではないかと思います。

IMG_6623

食事のあとは、ご家族の皆様と職員とで自己紹介を含む「おしゃべり会」を設けました。現場の支援員がご家族の方々と直接お話をすることがあまりありませんので、現場での支援の状況をお伝えする良い機会になったかと思います。風が吹いていましたが、お天気にも恵まれ、これまでとは違った『ゆったり・のんびり』と過ごすことのできたおまつりとなりました。