先見の明

月1の更新が定着してしまいました。

今週は急遽、虐待相談の会議が行われました。医療や弁護士も入った、当然ながらシビアな内容となりました。ちょうど、職場の健康診断と重なり・・・もちろん健康診断はパスしましたが・・・個人的に受けるように言われていますが、今のところ予定が立ちません(苦笑)。

昨日はモニタリングで一人暮らしの車椅子の男性のお宅へ。風邪をひいたり、トイレの水漏れがあったり、自転車に乗った小学生と接触したりと、最近踏んだり蹴ったりだとこぼしていました。何事もなかったものの、スマホを見ながら自転車で近付いてくる人にも冷や冷やしたとか・・・皆さん、「ながらスマホ」は止めましょう。

この日の午前中は基幹センター内のミーティングだったのですが、今年度の事業者連絡会の企画を話題にする中で、前述の会議に同席された弁護士さんのことに・・・実はこの方、4年ほど前の事業者連絡会に講師としてお招きしていまして。当時の企画はYさんの起案で、差別解消法の学習に誰を講師に呼ぼうかという中で、「これからお世話になりそうな若手の弁護士さんにしましょう」とこれもYさんから。そういう観点でお招きした弁護士さんに、シビアなケースでお世話になった次第で、先見の明に感服しました。

何事も、「意図」は大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>