事務局会議にて

昨日午前中は、名東区協議会の事務局会議。タイミング的に、報酬改定に関する情報共有と、北区の事件について、名東区でも起こり得るという前提での意見交換を行いました。

報酬改定については、放デイの、子どもの状況に応じた評価だとか、就労継続の工賃額に応じた報酬設定が話題に。同行援護についても、身体介護の有無が一本化されて、事実上、厳しい状況になるのではという意見が。また相談支援についてはやはり、モニタリング頻度や月当たりの件数上限のことに発言が集中。この場ではポイントの確認に留め、来月にある集団指導でしっかり聞いて、また共有しましょうということになりました。

北区の事件については、名東区内の気になるケースにどのように関わっているか、受け入れ側の立場はどうかという視点に加え、子どもの頃から放デイ利用が浸透し、自宅に居場所のない子が増えており、子どもと一緒に過ごせない親も増えているのでは・・・という投げかけも。障害福祉サービスが抱える様々な課題が浮き彫りになる気がしました。市の会議にも報告し、再発防止の動きにつなげたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>