共生社会!

先ほど、「日曜もアメトーーク」(ちなみに、名東区の協議会の広報紙は「メイトーーク」)の「定時制高校芸人!!」を何気に観ていたのですが、いろいろな世代が集まり、終業後にキャバクラに出勤する生徒もいる、子連れの生徒もいる、その子をあやすおばさん(失礼)の生徒もいる、先生の歴史発言を訂正するおじいちゃんもいる・・・となると、共生社会って、要はこういうことかと思います。

一方で、その共生社会の実現に向けた動きの中で、(当たり前かもしれませんが)アカデミックな理屈が先行すると、ちょっと嘘臭くなる(失礼)気もします。

もちろん、政策化するに当たって、また考え方を共有するに当たって、言語化は必須なのですが、共生社会の実現って、行動・実践が先行しないとあり得ないんでしょうね。

まず行動して、それから得意な人が言語化する・・・ってことですかね。ちなみに、自分が得意な分野・領域で行動することは誰でもできますね。

シンプルに考えて行動する部分と、ちょっと面倒でも言語化する部分と、整理した方が大勢が関わりやすい気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>