高次脳機能障害全国研修

昨日は、この2年間、名古屋市総合リハビリテーションセンターを中心に取り組まれた、高次脳機能障害地域生活援助者養成研究事業の全国研修でした。一昨日と2日間の開催でしたが、私は名東区協議会の全体会と重なったこともあり、役割のある昨日のみの参加とさせていただきました。文字通り、北は北海道から南は沖縄まで、各地域の高次脳機能障害の支援コーディネーターを中心に、ウィンクあいちに集まってみえました。このブログでも以前触れましたが、年末に出版されたテキスト「チームで支える 高次脳機能障害のある人の地域生活」に沿った研修会です。

1日目は障害特性理解を中心とした内容、2日目は実際の地域生活支援のあり方について、相談支援を軸とした内容でした。私は午後の事例発表の前に、「地域生活支援と連携」というテーマで、概要・ポイントを押さえさせていただきました。2日目午前中の内容はもとより、参加できなかった1日目の資料にも目を通しながら、文言・ニュアンスの整合性もとったつもりです。

1日目に全参加者によって仕組まれた(?)サプライズ(!)があり、講義開始とともにガチで驚かされたことも含めて、有意義な一日となりました。朝9時から講義開始の13時10分まで、一切これに触れなかった皆さんに、拍手を送りたい気分です(朝一でわざわざ、参加されていた市内他区の基幹センタースタッフに挨拶に行きましたが、気配すらなかった)。リハセンのI課長は、「このサプライズに一番気を遣った」と言ってましたが・・・(苦笑)

2年間続いた研究事業も、テキストの出版と今回の全国研修で役割を終えそうです。昨年度からいくつかのこういったプロジェクトに関わらせていただき、大変勉強になりました。

相談支援は「つなぐ」仕事です。そういう意味では、例えば今回のような障害種別毎の取り組みですとか、権利擁護・就労・教育・医療といった生活課題別の集まりにいろいろと出向いて行って、実際の地域生活支援の話に落とし込むような役割を果たしていけると、結果として障害のある当事者の生活の豊かさにつながるのかなと、そんなことを考えるこの頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>