「子ども」に関する相談

基幹Cの委託を受けて、早2年半が過ぎました。5年間の契約ですから、ちょうど折り返し点を過ぎた感じです。

どの区も精神障害関係の相談が多いようですが、名東区は子ども関連も目立ちます。当初は児童相談所からの、この1年くらいだと区民生子ども課からの電話がしばしば。それも、子どもの発達上のことというよりは、家庭環境の課題、親御さんの支援につながることがほとんどです。

このような「子ども」出発の相談について気を付けなくてはいけないと思うのは、ご家族や親御さん自身は「困っていない」「課題を感じていない」ことが珍しくないことです。行政の立場からは、子どものためにも親は支援を受けるべきと、疑いようのない道理を進みますが、実際に支援に携わる我々には、「困っていない」「課題を感じていない」方々とどう関わっていくか、ゼロからのスタートになります。ちなみに、目測を見誤って、我々まで疑いようのない道理に従って進むと、チグハグの沼にはまっていく感じです。

とりあえず、この辺りの「気づき」をすっきりさせていけるような経験を積んでいけたらと思っています。

話は変わりますが、このところ、会議等の時間を間違えることが続き、冷や汗の連続です。10:00開始と思い込んでいたら9:30だったり、14:00だと思っていたら13:30だったり・・・とうとう先日は、県の担当者に時間と場所の念を押されてしまい・・・「いつもと会場が違いますから、お間違えの無いように」とダメ押しまで・・・

どちらかというと、人に聞かれることはあっても、自分が間違えるということはないタイプだったはずですが、自信喪失気味のこの頃です(泣)

「子ども」に関する相談」への4件のフィードバック

    • ながた 様

      「こちら」がどちらか、分かるような分からないような・・・(^^;

      今痛感しているのは、本人に寄り添うことの大切さと、そのための振り返りの大切さ、あとは都市部の(一応)豊富なサービスを、いかに「使える」ネットワーク化するか、です。

      今月にある全体会で、話題にしたいと思っていますので、よろしくお願いします。

  1. ふふふっ!
    こちら側って、
    ロートルってことなんだけど^_^

    難しい制度のことは、
    わたくしには何のことやら。

    可愛いおばあさんになりたいですね〜(*^_^*)

    • ながた様

      まだ、現役で頑張りますよ!私は!

      もちろん、真っ当に!

      つまり、真っ当なオッサンとして頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>