土産話

前回にも少し触れましたが、カミさんが、いわゆる「ママ友」と1泊旅行に行ってきまして。数万出すと、飛行機に乗ってかなり遠方まで、気軽に旅行に行けるんだ・・・などと今更ながら感心しております。確かに、大型スーパーの中に入っている旅行会社の店舗の前には、国内外問わず、様々なパックツアーのパンフレットが並んでますもんね。

お土産のそばをすすりながら、旅先での話を聞いていたのですが、一つ、興味をもった話題がありまして・・・

聞くところ、そのツアーに一人で参加していた50代と思しき男性、たぶん軽度の知的障害の疑われる方なのでしょう。ルールの理解が不十分なのか、集合時間には必ず遅れてくるし、機内などみんなが一緒になる空間でも、雰囲気を壊してしまったり、いちいち目立ってしまったりだったそうです。当然、ツアーに参加している人たちからすれば迷惑なのでしょうが、機内で隣り合わせた男性は、苦笑いしながらも相手をしていたそうです。一方の本人は本人なりに、案外、参加し慣れているのかもしれません。

たぶんこの男性、申し込み手続きもスムーズに済んだとは考えられない訳で、それでもツアー参加を断られていないことは、まず大切なポイントかと。ちなみに、カミさんが添乗員さんに聞いたところ、「困ってしまうお客さんは常にいて、あの方くらいならかわいいもの」とのことだったようです。少し気になるのは本人の理解の程度で、むしろ積極的に苦手なことを伝えていれば(誰が伝えるかは置いておいて)、分かりやすく説明したり、その都度前もって声をかけることで、時間に遅れたり、目立ち過ぎることもなかったのかもしれません。

とまあ、4月から施行されている差別解消法の要素満載の土産話でしたが、とにかく、消費者として拒まれないことが第一だなあと。その積み重ねが配慮なり、サービスを提供する側のノウハウにつながっていくのだろうと思います。もちろん、笑顔で迎えてくれる方ばかりとは限りませんし、迷惑をかけることもあるのでしょうが、それは障害の有無だけの話ではないはずで(全て、発達障害と括られがちな昨今でもありますが・・・^^;)、やはり最低限、参加を拒まれないこと、そして参加のための現実可能な配慮を目指すことに尽きるのでしょう。

それにしても・・・オレもどっか行きたい・・・(p_-)

土産話」への2件のフィードバック

    • あらい 様

      お誘い(?)ありがとうございます。
      できれば、仕事が忘れられるようなのがよいのですが・・・(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>