蒸し暑い日が続きます

今年は桜が遅かったと思ったら、5月半ばで蒸し蒸しし出して、例年梅雨時まで続く私の性質の悪い花粉症がすでに軽くなり・・・ちょっと変わった年ですね。

基幹センターきふねでは、お子さんの相談にみえたお母さんが、他にも悩みを抱えるお母さんに紹介する形で、新規の相談が続いており、スタッフの信頼感に頼もしさを感じています。

先週末には今年度1回目の名東区自立支援連絡協議会 全体会を開催しました。今年度は、各自治体が第5期障害福祉計画・第1期障害児福祉計画を策定する年で、そのための国の指針も出ています。もちろん施策は市単位で策定されるので、区単位で今すぐどうこうはないのですが、その下準備ではないですが、全体会で意見交換の時間を設けました。

やはり皆さん関心が高いのは「精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築」という文言・・・いわゆる互助を強調している感もある「共生社会」という考え方を踏まえた形ですが、期待も不安もいろいろ・・・というのが正直なところ。あちこちで人材不足ならぬ「人手不足」が嘆かれている中、地域の支え合いも含めて「我が事、丸ごと」なのでしょうが、まだまだ視界不良ですね。

今できるのは、地域の様々な立場の方々が、顔を見せ合って歩みを近づけていくことでしょうか。

平和の丘 春まつり バザー

5月14日(日)は名東の日・区民まつりの一環で「平和の丘 春まつり」が行われました。今年も東邦大学の一角をお借りしてメイトウ・ワークスも自主製品の販売を行いました。家族会マーガレットさんと一緒に、楽しく販売してきました。名東の日はもともと5月(May)と10(とう)から文字って5月10日に設定されていますが、その近辺で色々なイベントが行われています。第2日曜日は母の日とあって、プレゼントの駆け込み購入するお子さんが大勢覗いてくれます。前日の雨も上がり、爽やかな風の中で販売できました。今年も看板娘を務めてくれたSさん、マーガレットの皆さん、いつも来店下さるボランティアの皆さま、ご協力ありがとうございました。P10809672