ずっと会議・・・

昨日は午後から夜にかけてずっと会議・・・13:30~15:30区役所内にてケース会議、16:00~18:30保健所内にてケース会議、そして移動してウィンクあいちにて県専門員協会の打ち合わせ(遅れて参加 m(__)m)・・・なかなかでした。

ケース会議は2つとも、様々な課題を抱えた世帯に関するもので、参加者が20名程になります。情報共有だけでも大変ですが、こういう機会でないと家族一人一人の情報が集約できないので、支援者としては大変助かりますし、例えば、おばあさんの支援者から見たお母さんのこと、お父さんの支援者から見た子どものことなど、異なる立場からの意見も参考になります。

今日の朝刊に、2018年から、地域の介護・育児・障害福祉の相談窓口の一元化が進められるという記事が載っていましたが、昨日の世帯などはまさしくこれだなあと。各自治体・各地域ごとに様々な工夫も出て来ると思いますが、向かう先ははっきりしてきた感じです。

「一元化」という言葉は、財政的な「効率化」でもありますし、利用者にとっての「利便性」でもあります。一方で「専門家・専門職」はもちろん必要ですから、それらを束ねる「マネジメント機能」とも言えそうですが・・・

自分で書いてて、冷や汗が出てきました (-_-;)